ライブエステート
10:00~19:00  土曜・日曜10:00~17:30
毎週水曜日・祝日
2021年04月15日
ブログ

麦縄の里「まさご屋すする」で坦々そうめん

そうめんといえば、家で食べるもの。

お店でそうめんを食べることはなかなかないです。

が、ずーっといってみたかったそうめん屋さんに行ってきました。

高松市東植田町にある「まさご屋すする」

昔ながらの手延べそうめんです。

小豆島出身のオーナーがはじめられたお店です。

お目当ては創作そうめん!

私はインスタでチェックしていたので、

始めから豆乳坦々そうめんを楽しみに行きました。

子どもたちにも勧めてみたのですが、豆乳という言葉と、

タンタンメンって何というところから警戒し、普通の冷やしそうめんを注文していました。(担々麺が何か知っているはずなのになんで!!)

のどかな空気が流れています。

入口のレジで注文をしたら、奥に進み、池を眺めながら、

のんびりとそうめんが来るのを待ちます。

公渕公園のすぐそばなので、公園で遊ぶ子どもたちの声が聞こえてきます。

屋外のテーブル席は手作りの日よけがあるので涼しく、換気というか風通し良好!!

お店で働くお母さんの、お手伝いをしているお子様がとってもかわいかったです。

アットホームな雰囲気に癒されました。

そうめんが来ましたよ~

子どもたちは冷やしのつけそうめんをぺろりと平らげてしまって、ワンサイズ大きいのにすればよかった~と言ってました。

天ぷらは私にもちょっと食べさせてくれたのですが、サックサクでおいしかったです。

私のお待ちかね、豆乳坦々そうめんが来ました!

冷やしのよりちょっと太めの麺で、ドロッとしたスープとよく絡みます。

辛いものは好きな方ですが、十分辛くて大満足でした。

さっさと食べ終わっていた子どもに、だいぶとられてしまいましたが!

ちょっとした複合商業施設のよう

他にシュークリームのお店もあります。

公渕公園でお子様の遊び欲を満たした後に、

みんなの食欲と、大人が楽しむために寄り道したいお店です。

さらに発展する「麦縄の里」

今回お邪魔した「まさご屋すする」は麦縄の里にあるひとつの店舗です。

今、敷地内に新しい建物が建築中で、そちらはテナントが入ったり、

いろんな用途に貸し出ししたりする予定のようです。

エネルギッシュでオシャレで、どこか懐かしい雰囲気のエリアでした。

今後の発展が楽しみです~!

「麦縄の里」の詳しい情報はが載ってるホームページはこちら

すするでは、コロナが流行るまでは、夏は流しそうめんができたお店なんです。

流しそうめん、子どもは大好きでしょ!?

だから早くそれができるようにならないかなぁ~。

この記事を書いた人
安岡 ヤスオカ
安岡
家族の幾度かの転勤を経て、ようやく故郷かがわに帰ってきました。 子育てはやや中堅、仕事は超新人として、毎日奮闘中です。
arrow_upward