ライブエステート
10:30~18:00
土日10:00~17:30
毎週水曜日・祝日
2021年08月30日
ブログ

子どもの自由研究は大人の宿題「ガスとIHのパワーの違い」

私の住まいのキッチンの話になります。

以前はコンロはガスでしたが、今はIHです。

どちらもメリット・デメリットがあると思いますが、

今回は小学生レベルの視点でちょっと掘り下げることにします。

 

というのも、なかなか終わらない子どもたちの夏休みの宿題・・・。

私自身も興味をもって見守れるように、ガスとIHのパワーの違いを、

自由研究の題材に取り上げることにしました。

単純に、水を加熱して、沸騰するまでの温度をはかる

水温と水量、室温という条件をそろえて、

単純にガスとIHでの、沸騰するまでの時間を比較します。

弱火・中火・強火の3段階で1分ごとの温度の変化と、

沸騰するまでの時間を記録します。

 

最近はこんな温度計まで100均で入手できるので便利ですね~。

 

ガスはどの位が弱火か中火かは目分量になるので、

そこまで正確な比較はできませんが、

小学生の宿題レベルなのでそこは良しとしましょう。

 

ガスはカセットコンロを使用しました。(←この時点でIHに勝てる気がしない)

さてその結果は?

ズバリ、弱火と中火においては、両者に大差なし!!!

 

ほとんど、もうね、ほんとほとんど一緒。

グラフを見ていただけるとよくわかると思います。

若干IHが早く沸いたけど、誤差もあるので、その範囲内程度の違いでした。

違いが出たのは強火の時だけ

息子の宿題で、まだ提出していないものなので全部ぼかして見にくいですが、

強火の時だけは大きく違いが出ました。

 

結果はIHの圧勝!!

IHはガスの半分以下の時間で沸騰しました。

 

もうこれが知れただけで私は満足でした。

かといってIHが優れていると言い切れませんが、

一つの結果として覚えておきます。

まとめ:大人的ふりかえり

宿題はさっさと終わらせてほしい!というか終わらせたい!(私が)

毎年同じ思いをしているが、

いつ、子ども一人でできるようになるのだろうか。

私の時代と違って、最近の自由研究は「スケッチブック」にまとめるのね。

昔は「とりのこ用紙」を近所の文房具屋さんに買いに行ったものですが、

今はなかなか文具屋さんも近くにないですもんね。

それにスケッチブックの方が先生も見やすいはず。

納得。

 

親としては、もうそろそろ夏休みはお腹いっぱい。

 

新学期もコロナで不安が大きいですが、

夏休みもあと少し、お母さん、お父さん、

宿題の終わっていない子どもたち、頑張ろう!

この記事を書いた人
安岡 ヤスオカ
安岡
家族の幾度かの転勤を経て、ようやく故郷かがわに帰ってきました。 子育てはやや中堅、仕事は超新人として、毎日奮闘中です。
arrow_upward