ライブエステート
10:30~18:00
土日10:00~17:30
毎週水曜日・祝日
2021年07月19日
ブログ

旧管理会社時代に加入した火災保険の更新について

賃貸物件の管理している不動産会社が変わるのは

我々管理している側にとっては

日常的に当たり前にあることですが

お住まいになっている入居者様にとっては

こんな時はどうしたらいいの?と分からなくなることがありますよね。


管理会社が変わったのにお部屋にかけている火災保険はそのままでいいの?

先日、入居者様からあったご質問

火災保険更新のお知らせが郵送で届いたけど

保険代理店の名前が以前の管理会社だった、

これはそのまま更新していいの?

なるほど!

管理会社は変わっているのに

昔の管理会社から郵送物が届くと「?」ってなりますよね。

保険の抱き合わせ販売はダメ( *´艸`)

答えはそのまま更新していただいて大丈夫です。

部屋を契約する際、火災保険に入る方がほとんどだと思います。

多くの入居者の方が管理している不動産会社指定の保険会社じゃないと駄目だと思いがちですが

法律で保険の抱き合わせ販売は禁止されているので

必ずしも不動産屋さんに紹介された保険である必要はありません。

なのでご質問があった入居者様のお部屋も

保険にきちんと加入していることが大事なのであって

その保険の取り扱い会社までは

通常、強制はできないことになります。

※もちろん保険が切れるタイミングで他の保険会社に乗り換えることもできます。

では保険に加入しないという選択肢もあるのでしょうか。

多くの賃貸借契約では約款に必ず「家財保険」「借家人賠償責任保険」「個人賠償責任保険」の3つが揃った保険に加入することという文章が入っています。

うっかり保険に入っていない状態で

他の入居者様に水漏れや火災で迷惑をかけてしまったら

思わぬ高額な請求がご自身に降りかかってくる場合もあるので注意が必要です。


この記事を書いた人
関口 悟基 セキグチ サトキ
関口 悟基
私が不動産業に携わってから早いもので24年の月日が流れました。
その中で培ってきたさまざまな経験や知識を皆様のお部屋探しにお役立ていただければと思います。他社とは一味違った切り口で正に職人技と呼んでいただけるように日々精進しています。

大海に石を投げるようなお部屋探しの指針になれるように。そして楽しくお部屋探しができるように。
「住まいを通じて一生のお付き合いを」こう思うからこそすべて代表である「私」が動きます。

HP全体を血の通ったものにしたいので掲載物件は限らさせていただいています。
この物件紹介できる?等のお問い合わせは歓迎いたします。きっちりと職人としての意見を添えさせていただきます(*´▽`*)
arrow_upward