ライブエステート
10:00~19:00
毎週水曜日・祝日
2019年11月25日
ブログ

他社管理のオーナー様からご相談を受けました。

とあるオーナー様からご相談の電話を受けました。
物件を複数所有しているらしく現状は大手不動産会社さんに管理を依頼しています。
きちんと客付けが円滑にいっていれば何も問題は起こらないのでしょうが、最近管理してもらっている大手の不動産会社さんは空室を全然埋めてくれないばかりか、他業者の部屋ばかり決めている。ネットの広告を見てもたくさんのお部屋を載せているけどそのほとんどがD社のものばかりだ!もしかして管理を頼んでいる会社は毎月いくらかD社から貰っているんじゃないか!自分も管理料を払っているのに何故優先してくれないんだ!
1年以上複数戸が空いているとのことだったので切実なお悩みでした。
ただD社から個別に毎月いくらか固定金額が支払われていることは考えにくいので、
そこはご説明してなぜネットに何千件も物件を載せているのか電話でお話ししながら一緒に考えてみました。

なぜ大手不動産会社は管理物件以外にも何千件もお部屋を掲載しているのか?

なぜ大手管理会社は管理物件があるにも関わらずたくさんの管理以外の物件をポータルサイトなどに掲載しているのでしょう。
パッと見るとたくさん物件を掲載しているとたくさんの物件を持っていそうで問い合わせをたくさんもらえるような気がしますよね。
(実際にはほとんどの物件がどこの不動産屋さんでも取り扱いが出来ることはエンドユーザー様のほうがよくご存じです。)
2つ目には比較的築の新しいきれいな物件を多く載せておけばこれまた問い合わせを多く貰えるんじゃなかろうかという発想です。
建築会社のほうも広告料を上乗せしたりしてネット掲載を煽っています。
※この広告料とは前項で書いた個別でお金が支払われている云々とは性質の違うものです。
ところが昔は鉄板のように硬かった新築神話はとうの昔に崩れ去ってしまっているのです。

新築神話っていつの話?もうそれさえ知らない営業マンがいるかもしれないww

私がこの業界に入った20年以上前には新築というだけで申し込みをいただいていました。利便性のいい場所だと1日に同じ物件で3件も4件も申し込みをいただいたこともあります。今では考えられない時代ですねww
それではここで
今年の8月に竣工した某建築会社様の現状の成約具合です。5/16(入居率31%)です。
当初よりすでに2,000円募集賃料を下げており客付け業者に対する広告費も1カ月出しています。でも決まらない理由はもうすでにみんなわかっていますよね。。。
物件の数ががもう余り過ぎて限界まで来ているからです。
建築会社は立てるのが仕事?ならばもう少し新築ならではの特性を生かした魅力ある建物を建ててもらえないですか!このままでは街並みが壊れてしまいますよ!

それでも現実は目の前にあります。

話が逸れました(;^_^A
それでも今物件を所有のオーナー様は現実と戦っていかなければなりません。
冒頭のオーナー様とは小1時間ほどお電話でお話をして又お電話を頂けるとのことで受話器を置かせていただきました。
大手管理会社様は大手管理会社様の切り口があるのでそれがいい!と思われるオーナー様も多いでしょう。でもなんか最近もやもやがなくならないぞ。なくなるどころか大きくなるぞ。。なんて思われているオーナー様はぜひ一度ご相談ください。
大手にはない切り口のご提案ができるかもしれません♪

この記事を書いた人
関口 悟基 セキグチ サトキ
関口 悟基
私が不動産業に携わってから早いもので23年の月日が流れました。
その中で培ってきたさまざまな経験や知識を皆様のお部屋探しにお役立ていただければと思います。他社とは一味違った切り口で正に職人技と呼んでいただけるように日々精進しています。

大海に石を投げるようなお部屋探しの指針になれるように。そして楽しくお部屋探しができるように。
「住まいを通じて一生のお付き合いを」こう思うからこそすべて代表である「私」が動きます。

HP全体を血の通ったものにしたいので掲載物件は限らさせていただいています。
この物件紹介できる?等のお問い合わせは歓迎いたします。きっちりと職人としての意見を添えさせていただきます(*´▽`*)
arrow_upward